子どもたちの限りない未来のために

〒650-0012
神戸市中央区北長狭通4丁目3-13 
兵庫県私学会館 内
TEL (078)331-6621 FAX (078)321-5968

 

 

所在地
TEL
HPアドレス
学校法人名
創立者
創立年月日
理事長
校長
男女別
最寄駅
併設校
西宮市天道町10番15号
0798-67-2366
http://www.koshiengakuin-e.ed.jp/
学校法人 甲子園学院
久米 長八
昭和26年3月1日
久米 知子
中道 一夫
男女共学
JR甲子園口駅 徒歩7分
甲子園学院幼稚園・中学校・高等学校
甲子園短期大学・甲子園大学

 

建学の精神

昭和16年(1941)、校祖久米長八先生は「次代を担うのは女性である」と女子教育の重要性を唱え、甲子園高等女学校を創設された。

これが本学院の母体となり、以来、「黽勉努カ」「和衷協同」「至誠一貫」の校訓を人間教育の根底におき、昭和26年(1951)、甲子園学院小学校が設立された。

自発的に勉め励み、カを合わせて事に当たり、誠をもって人に接することのできる、健康で知性と感性豊かな人材育成を目指している。

沿革・概要

昭和16年 3月   甲子園高等女学校設置認可
昭和26年 3月   甲子園学院小学校設置認可
昭和59年 3月   小学校校舎移転(西宮市天道町「現在」)
昭和62年 11月  校祖生誕100周年記念式典挙行
昭和63年 6月   学院物故者慰霊塔健立(高野山)
平成13年 11月  甲子園学院美術資料館(久米アートミュージアム)開館

教育の方針

調和の取れた人間形成のため、基本的生活習慣の徹底、基礎体力の増強、旺盛な知識欲の涵養に努めている。「学校は勉強するところ」をモットーに、放課後の自主的学習としての「3Sタイム」や「勉強会」を行っている。また、国私立中学校入試に合わせたカリキュラムの実践に努め、高い進学実績を上げている。それにより「西日本難関中学校進学率第1位」(平成30年6月プレジデントファミリー掲載)に輝いた。

日常生活や学校行事では、「縦割り活動」を重視し、異学年交流を深めることにより、家族的な関係を構築している。「林間学校」では、2・5年生が高野山で、1・3・4・6年生が県内の野外活動施設で、活動を共にしている。「全校朗読会」や「全校暗算」、「6年生を送る会」など、全校生が一緒に取り組む行事が多い。

教育の特色

◆習熟度別学習

高学年の国語・算数科で採用し、学習効果を高めている。また、4年生以上で校内模試を実施し、本校独自の受験体制を築いている。

◆教科担任制

各学年の発達段階に応じて、教科担任制を取り入れ、その利点を生かせる教育課程を設定している。これにより、指導の効率化を図り、児童の学力向上に力を注いでいる。

◆道徳教育の重視

校訓を基本に、教育活動の全般を通じて、教師と児童及び児童相互の人間関係を深めるとともに、家庭との連携を図りながら、日常生活の基本的行動様式をはじめとする道徳的実践力を育成している。

◆個性の尊重

児童の個性を尊重する中で、個々の能力の開発を図っている。その具現化のため、それぞれが個性を充分に発揮できる場を数多く設定し、全教員で支援している。

◆英語科の特設

1年生から英語科を特設し、正しい発音の基礎を養って英語に親しませている。これは小学校開校以来の伝統を受け継いでいる。

 

制 服

koushienyuni

 

校章

周囲は鏡。12弁の菊花を配し、中央に甲子園学院の「甲」。
「鏡に姿を映して自分をふり返り、人格を磨く。そして、菊花に婦徳(女性として守るべき道徳)が身につくよう約束し、努力する」という意味が込められている。
本学院が、女性教育から始まった証でもある。