兵庫県私立小学校連合会
会長  石田 成光 

  

 兵庫県私立小学校連合会には10校が加盟しており、それぞれ特徴的な教育を行っています。設立された歴史も異なり、建学の精神や教育理念も違いますが、各校とも創立者の理念が連綿と受け継がれています。ゆるぎない教育方針に従って、魅力あふれる人間教育にきめ細かくじっくりと取り組んでいます。
 

 学習面でも、各校が独自に特色あるカリキュラムを編成、公立小学校では経験できない多彩な授業を展開しています。長年の創意工夫や研究成果の蓄積も見逃せません。教科担任制や専科制を導入して質の高い授業を実現している学校や、ネイティブスピーカーと日本人教師のチームワークによる英語教育をいち早く取り入れ、ホームステイなどの国際交流に努めている学校も多く見られます。ICT機器を活用して情報教育に力を入れる学校や、日本の伝統文化に基づいて豊かな情操を育んでいる学校もあります。

 

 多彩な行事や校外学習も私立小学校ならではの特徴です。臨海学校、キャンプ、修学旅行、音楽演奏会など、子どもたちの成長に合わせて工夫された行事が子どもたちに感動をもたらし、心身ともに大きく発達させています。連合会としても、ポートボール大会や陸上記録会を開催。西日本私小連の水泳記録会、兵庫県私学総連合会主催の書道展、美術展、音楽会にも参加して私立小学校同士のつながりを深めています。
 

 子どもたち一人ひとりがかけがえのない存在です。登下校時や校内の安全にも万全の注意を払い、警備員の配置や入校証の導入、登下校のメールシステムを採用している学校もあります。
 

 少子化により公立小学校が校数や児童数を減らす中で、私立小学校は逆に校数も児童数も増えています。施設や設備が充実し、のびのびと長所を引き出す私学教育への期待がますます高まっています。卒業生にも母校意識が強く、社会に出てからも強い絆で結ばれています。各校とも、入学説明会、学校見学会、公開授業なども積極的に行っています。この機会にぜひ参加していただき、私立小学校の魅力を実感していただければ幸いです。